スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員法成立は連休明けにずれ込み(産経新聞)

 衆院内閣委員会は22日、中央府省の幹部人事を一元化する「内閣人事局」新設を盛り込んだ国家公務員法改正案に関する参考人質疑を行った。28日には中央公聴会を開く。ただ、公明党が修正案を提出する方針を決めているため、成立は早くても5月中旬にずれ込む見通しだ。

【関連記事】
題多い民主党の公務員改革
日並び良いGW連休、関空は利用3%増を予測
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
後半国会は大荒れか 小沢氏2法案の行方は? 
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回

<追突事故>俳優の向井理さん都内で 朝ドラで水木しげる役(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見-兵庫県警(時事通信)
12人中7人の委員が新任-社保審医療分科会(医療介護CBニュース)

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

 春の全国交通安全運動(6~15日)期間中の交通事故死者数は96人で、警察庁が1954年に統計を取り始めて以降、秋も含めて最も少なかったことが16日、同庁のまとめで分かった。前年より12人少なく、初めて100人を下回った。

 ピーク時には春で372人(70年)、秋で446人(71年)が運動期間中の事故で死亡している。今期間中の事故死者の約半数が65歳以上で、シートベルト非着用が原因の死者は昨年より4人増えて18人。都道府県別死者数は兵庫県が7人で最も多く、千葉、石川など10県はゼロだった。【合田月美】

【関連ニュース】
ひき逃げ:逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ
女児ひき逃げ死:元理事長に実刑 横浜地裁判決
パトカー:乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原
酒気帯び:神奈川県議が追突、逮捕

小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
悪天候で帰還1日延期=山崎さんのシャトル(時事通信)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
宇宙からアサガオの“種”帰還 山崎さんに日比野さん、託す(産経新聞)

<足利事件>菅家さんの選挙権回復 10年ぶりに名簿登録(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年に4歳女児が殺害された「足利事件」で、再審無罪が確定した菅家利和さん(63)の選挙権が14日、回復した。選挙権の回復は、最高裁が上告を棄却した00年7月以来、約10年ぶり。14日午前に開かれた市選挙管理委員会で選挙人名簿に登録された。

 宇都宮地検は無罪判決後の先月29日、足利市に再審結果通知書を郵送。市は「犯罪人名簿」から菅家さんの名前を削除した。菅家さんは09年6月に釈放されたが、再審公判中は「無期懲役刑の執行停止状態」に置かれていたため、公職選挙法の規定で同8月の衆院選では選挙権が認められなかった。

 選挙権の回復を受け、菅家さんは「足利市民として選挙に行き、社会に参加したい」と話し、今年7月の参院選で投票する意向を示した。【吉村周平】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:「再審決定を」支援者が高検に要請
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
足利事件:報告書公開 個別事件情報のウェブ上公表は異例
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議
足利事件:捜査チェック不十分…最高検報告書

【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
<特急しなの>タヌキはね遅れ 愛知・春日井(毎日新聞)
ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕-警視庁(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査-大阪府警(時事通信)

ケアマネが介護保険書類を紛失―東京都板橋区(医療介護CBニュース)

 東京都板橋区は4月6日、区内の介護保険事業所のケアマネジャーが、介護サービス利用者5人の個人情報を含む介護保険書類を紛失したと発表した。利用者宅の訪問途中に書類の入ったかばんを紛失したという。

 区によると、ケアマネジャーが紛失したのは介護保険認定申請書、認定調査票など。このケアマネジャーは、4月5日午前にかばんがないことに気付き、昼ごろ、交番に私物の紛失届を提出。夕方になってから、かばんに利用者の個人情報を含む書類が入っていたことに気付き、区に報告した。

 区は既に被害者への事情説明と謝罪を行ったが、被害者の家族にも事情説明と謝罪を行う方針。今後は、区内の各介護保険事業所で個人情報の取り扱いに関する研修を実施するなどして再発防止を図る。


【関連記事】
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
内田洋行子会社、介護施設入所者ら3万人分の個人情報盗難
国立成育医療センター、349人分の患者情報紛失
医薬系ニュースサイトが不正アクセス被害
介護報酬の審査・支払いの外部委託を危惧-保団連

<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
中国、3邦人の死刑執行 鳩山首相、日中会談で「遺憾」表明へ(産経新聞)
首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
「地域主権」関連3法案、参院で審議入り(産経新聞)

柔道整復師の養成講座、歯科医が無資格授業(読売新聞)

 常葉学園医療専門学校(静岡県浜松市北区都田町)の柔道整復師を養成する課程で、無資格講師1人が2006~07年度に授業を行っていたことが1日、明らかになった。

 この講師の授業を受けた卒業生約20人が、100時間以上の補講が必要になる可能性があるという。

 同校によると、無資格で授業を行っていたのは歯科医の男性。外科学や運動学の授業を担当していた。他の講師から無資格だと指摘されて07年度内に辞め、その後は資格のある講師が授業を行っているという。

 「柔道整復師学校養成施設指定規則」では、柔道整復師の養成講座の講師は医師免許保有者や3年以上の実務経験がある柔道整復師などでないと務めることはできず、歯科医免許のみでは講師はできない。

 同校の内藤恭久校長(68)は読売新聞の取材に対し、「前任の校長の時のことで、なぜこのような事態になったのかはわからないが、遺憾だ」と話している。

父離れた30分内に炎上…幼児4人死亡(読売新聞)
足利事件、虚偽「自白」見抜けず…最高検報告書(読売新聞)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす-警視庁(時事通信)
若狭沖で見つかったカメ、剥製にして展示(読売新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

しらとりたかあきさん

Author:しらとりたかあきさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。